• コーヒーカプセルに市販のコーヒー豆を使おう

    コーヒーカプセルは、コーヒーやミルクスキムが入ったカプセルを使います。


    コーヒー豆の入ったカプセルには、細かく引かれたコーヒー豆が入っており、使用すると挽き豆のコーヒー豆カスが残ります。

    ミルクが入ったカプセルには、スキムミルク様な粉末が入っていますが、抽出の際に溶けてすべてなくなります。

    メーカーごとに異なる専用カプセルでしか使えないことがネックでしたが、ある方法を使えば市販されているコーヒー豆を使うことができます。
    その方法とは、市販されている詰替え用のカプセルを使う方法です。

    メーカーが販売するカプセル容器と全く同じサイズのカプセルを購入し、コーヒー豆を入れるだけで簡単にプロ並みの風味を楽しめるようになります。

    これだけは知っておきたい朝日新聞デジタルってとにかくお勧めなんです。

    市販されている詰め替え容器には開閉できるフタがついています。中身を開けてコーヒー豆を入れたら、しっかりと閉じます。



    閉じたコーヒーカプセルをマシンに装着して抽出すれば完成です。



    市販されているスキムミルクを入れると、メーカー製のミルクカプセルのような風味を味わうことができます。

    たったこれだけで、誰でも簡単に扱うことができます。

    ただし、使用直後のカプセルは滴り落ちる程度のコーヒーが残っており、熱いので扱いに注意しましょう。取り出した詰め替え用カプセルの中身から豆の残りカスを捨てて、洗えばまた再利用できます。
    コーヒーカプセルマシンは、専用カプセルだけでなく、自分なりに工夫した豆をつめかえ用カプセルに入れて独自の風味を楽しむことができます。