• レギュラーコーヒーについて

    レギュラーコーヒーは、焙煎したコーヒー豆を挽いた状態で抽出して飲むコーヒーの事で、抽出したコーヒーを乾燥させて粉末状にした物がインスタントコーヒーとなります。

    レギュラーコーヒーは、インスタントコーヒーに比べて本物の味が楽しめ芳醇な香りがある一方、抽出に時間を必要とし毎回ゴミが出て豆以外に消耗品の買い足しが必要となります。



    また、抽出方法も様々な方法があり、ハンドドリップやサイフォン、コーヒーメーカー、フレンチプレス、エスプレッソマシンなど多くの種類があり、初心者向けで最もポピュラーなのがハンドドリップで、中級者向けでフィルターの種類を使い分けてコーヒーの特徴を引き出すのがサイフォンやコーヒーメーカー、フレンチプレスで、上級者向けで強い圧力をかけて抽出するのがエスプレッソマシンとなります。
    レギュラーコーヒーを美味しくするコツは、カップを事前に暖めておき、コーヒーを注いでも温度が下がらないようにする事と、使用するお湯は適温である92〜96℃で抽出するようにする事と、コーヒーを20秒程度蒸らした後、コーヒー豆の中心付近に小さな円を描くように3回程度に分けて抽出する事です。

    基本も充実した日経メディカル情報はこちらです。

    お湯の温度は97℃以上だと苦味が一気にと出してしまい、91℃以下の温度だと全体の成分が溶け出せないので軽く薄味になってしまいますので温度管理は慎重に行い、適温の目安としてはお湯を沸騰させた状態から火を止めて蓋を開け、出現する泡が出なくなった時が適温となります。