• レギュラーコーヒーの品種、煎り方、引き方

    • レギュラーコーヒーの品種には、ブルーマウンテンやモカ、キリマンジャロなど様々あり、産地によって味や香りが異なります。
      これに加えてレギュラーコーヒーの煎り方や挽き方よって、更に味や香りが変わってくるものとなります。

      ここではレギュラーコーヒーの品種と特徴、煎り方や挽き方による違いについて説明します。


      まずレギュラーコーヒーの産地は様々ですが、香りが良いとされているものにはブルーマウンテンやモカが挙げられます。
      また渋みがあるものはキリマンジャロやコロンビアで、酸味があるものはモカやブラジル・サントス、甘みはブルーマウンテンやモカに特徴的なものとなっています。



      この中でも特にブルーマウンテンは香りが良いことに加え、渋みと甘味のバランスが良く、酸味が抑えめであるため人気が高いものとなっています。


      レギュラーコーヒーの煎り方は強く煎るに従って茶色から黒に近い焦げ茶色へと変化し、香りもより高くなります。


      しかしながら、煎りすぎて黒くなるとアクが出て苦味が強くなってしまう他、色が薄く煎りが浅いと味が水っぽく酸化しやすくなります。

      挽き方にはグラニュー糖のような細挽き、ザラメ糖程の中粗挽き、粒の大きな粗挽きがあり細かい程香りは良くなりますが、アクが出て苦くなりやすいという欠点もあります。一方で粗挽きの場合には味はあっさりするものの、コクは失われてしまいます。

      初めてでもわかりやすい、エキサイトニュースについての情報を簡単に探すことができます。

      このため適度に焦げ茶色の豆は中粗挽きにし、煎り方の浅いものは細挽き、煎りすぎたものは粗く挽くと美味しいコーヒーを淹れられるようになります。



  • 大事なコーヒーの事

  • コーヒーをよく学ぶ

  • ためになる情報・サポート情報

    • カプセルコーヒーとは

      カプセルコーヒーは一杯分ずつ小分けになった新感覚のコーヒーです。カプセルコーヒーはコーヒーサーバーで淹れることが出来ますが、機器によってカプセルが違いコーヒーメーカーやブランドから様々な機器とカプセルが登場しています。...

    • レギュラーコーヒーについて

      レギュラーコーヒーは、焙煎したコーヒー豆を挽いた状態で抽出して飲むコーヒーの事で、抽出したコーヒーを乾燥させて粉末状にした物がインスタントコーヒーとなります。レギュラーコーヒーは、インスタントコーヒーに比べて本物の味が楽しめ芳醇な香りがある一方、抽出に時間を必要とし毎回ゴミが出て豆以外に消耗品の買い足しが必要となります。...